ギアレビュー if you have “hug”

⭐︎if you  have    “hug”  MLG Edition

UL系ギアショップ ムーンライトギアとのコラボ商品。

以下山行で使用

⭐︎日帰り 

8/10木曽駒ヶ岳

⭐︎テント泊 

9/20〜22双六岳−三俣蓮華岳−鷲羽岳−水晶岳−雲ノ平 三俣蓮華キャンプ場(2泊3日ベース型)

if you have のブランドを知ったのは、数年前にULギア好きの友人から聞いたのがきっかけ。

今回、ムーンライトギアの特別カラーと言う事で、

特別とか限定とか言う言葉に弱いボクは、販売開始ともにポチっと。

以前、山道のバンブーシャツの販売時間をうっかり忘れて、18分過ぎた頃にはもう完売。

それを教訓に、今回は販売時間2分前にタイマーセット。

2日後には、届くと言う驚きの速さ。

どんなバックか調べもせずに、勢いで購入したのだが、最初の印象は、コードだらけでなんじゃこりゃ状態。

if you have のホームページに、説明が書いてあり、納得納得。

以下のサイズがあり、

37L(サイズ1) 570g

40L(サイズ2) 600g

43L (サイズ3) 620g

サイズ3を購入。

先ずは、木曽駒ヶ岳日帰りで使用。

夏期の日帰りの持ち物は、レイン上下、帰りの着替え&温泉セット(洗面用品)、エマキット、水くらいなもので、バックパック15L〜20Lもあれば余裕。

hugは下部のコンプレッションコード絞る事により、荷物が下に行かないよう、 43Lからダウンサイズに可変できる優れ物。

下部のコンプレッションコードを引きダウンサイズに
横から見るとわかりやすい

他のコードもコンプレッションして行き、荷物のグラつきが皆無になり、尚且つ、ショルダーハーネス上下のコードを引く事により、ヒップベルトがなくても、体にシンデレラフィット。

ショルダーハーネス上部を引く
下も引いてよりフィットに

宝剣岳の岩場でも、何のグラつきもない安心感。

三俣蓮華キャンプ場2泊3日では、ベース型のテン泊だったので、当初、他メーカーのULザック+アタックザックのチョイスを考えていたが、可変出来る事もあり、hugをチョイス。

食料だけ収まらず外付けに。

ここでもコンプレッションコードが役に立つ。

前面ポケットも大きく、

テント内を快適にする為、オールシーズン、アストロフォイルを使うので、ここに収納。

外付けとアストロフォイルの見た目がカッコ良くないので、次回からは取り付け位置を要検討です。

背中と肩で背負うタイプなので、テン泊装備でのパッキングは重い物をどこに入れるかにより、バランスが大分変わって来る。

それと荷物を沢山入れると自分の頭より高くなる為、歩行中の木や枝に注意。

スクワットしても安定のホールド感

今回使った感想としては、めちゃめちゃ良い!!。

メーカーHPを読んでもらうとわかる、

hug
i fyouhave  hug Price :  41,800JPY Weight :  610g (size1), 630g (size2),  650g (size3) Volume : 37L (size1), 40L (size2), 43L (size3)...

作り手のこだわりが伝わるバックパック。

今後の出番が確実に増える逸品です。

コメント