甲武信ケ岳 2020年11月22日〜23日

⭐︎メンバー ノリさん、ホンマくん、ゆーこす、ミエちゃん

⭐︎アクセス ホンマカー

5:30渋谷ー9:10西沢渓谷駐車場

11月は小屋閉めシーズン、

事前に甲武信小屋に連絡して、水場やトイレの情報を得ていたのですが、

テン場が予約制だという事を、出発前夜に知り、あたふた、あたふた、、、

小屋に連絡するも繋がらず。

メンバーに即連絡し、

翌朝集合した時に、行き先を決めようと言う事になる。

富士見平小屋テン泊の瑞牆山、金峰山に決定し、

高速を走っていると、甲武信小屋からコールバックがあり、テン泊可能との事で、甲武信ケ岳に再変更。

初日

西沢渓谷駐車場ー徳ちゃん新道ー甲武信小屋

2日目

甲武信小屋ー甲武信ケ岳ー甲武信小屋(撤収)ー破風山避難小屋ー西破風山ー東破風山ー雁坂嶺ー雁坂峠ー西沢渓谷駐車場

9:20 スタート、林道を歩いて行く。

無料駐車場

スタート直後に、ノリさん寝袋忘れた事に気付く。どうりで今回のパッキングは軽いはずだ。

なんとかなるという事で、そのまま続行。

徳ちゃん新道と近丸新道の分岐に到着、ここが甲武信ケ岳の登山口になる。

分岐、登山口

徳ちゃん新道から戸渡尾根は、なんのハイライトも無く、樹林帯をひたすら登って行くだけ。

木賊山辺りで視界が開け、甲武信ケ岳が見える。

甲武信ケ岳

そこから下り、13:10 甲武信小屋に到着。

受付後、

通常、東側斜面がテン場なのだが、予約で一杯で、小屋裏手の西側尾根にテントを張らせてもらう。

風の通り道だったな〜

昼食を済ませ、やる事がないので、お昼寝タイム。

幕営した尾根は、風があり若干寒い。

17:00くらいから小屋前のベンチにて夕食。

ノリさん食堂、今回は親子丼。

親子丼

自家製麺つゆに、みりんと柚子胡椒を足して濃い目の味付けにし、鶏肉と玉ねぎを1日漬け込み、ジップロックで冷凍。

夕食時には程良く解凍され、水を足して火に掛け、卵と青味を入れて完成。

完全無添加です。

夕食後、18:30には各自テントへ。

ここから、寝袋を忘れた長い苦行が始まる。

これについてはまた別の機会に。

オールナイトで風が強く、テントが何度も揺さぶられる。

兎に角やる事がないので、次回からは、スマホに映画2〜3本は必須。

翌朝4:30起床、各自朝食を済ませ、

ご来光を見に、5:30ヘッドライトを着け、甲武信ケ岳へ出発。

テン場から15分ほどで登頂。

甲武信ケ岳は眺望ゼロ。

途中の眺めの良い岩場まで引き返す。

徐々に空が焼けて行く、この瞬間がとても好きだ。

その後、テントを撤収し、7:30 出発、

樹林帯から始まり、尾根歩き、右手には富士山、こちらのコースは眺望が良く、歩いていて心地よい。

出発

8:30 破風避難小屋到着、ロケーションは最高で、中には薪ストーブがある。トイレは無し。

避難小屋

お化けが出るとの書き込み沢山、、、。実際どうなのだか、、、?

そこから登り返し、

登り返し
振り向くと甲武信ケ岳

西破風山到着、眺望ゼロ、

西破風山

そして東破風山、眺望ゼロ。

東破風山

雁坂嶺を通過し、

分岐の日本三大峠の雁坂峠で休憩、

そこからは下り、

渡渉あり、林道歩き、道の駅に少しより、

13:10 西沢渓谷駐車場到着。

2日目 CT5:40

天気も良く、ご来光も堪能でき、富士山や南アルプスも望め、大変素晴らしい山行になりました。

帰りの温泉はここ↓

山梨県の温泉旅館 三富温泉郷「白龍閣」
山梨県の温泉旅館「三富温泉郷 白龍閣」は、春夏秋冬の大自然を生みだす感動をお届けいたします。旅のスタイルにあわせて、ご宿泊、日帰りの温泉・食事など選べるプランをご用意しております。西沢渓谷、徳和渓谷への帰りなど、三富温泉郷 白龍閣へお越しください。

そして、ゴハン会は、定番になりつつある。ここ↓

陳家私菜 渋谷店 (渋谷/中華料理)
★★★☆☆3.48 ■『GoogleテレビCM出演』。商標取得の『頂天石焼麻婆豆腐』はTV等のメディア紹介多数! ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

コメント