Petzl ぺツル レオパードFL

ULクランポン(アイゼン)、petzl レオパードFLをレビュー

ぺツルのクランポンの中で、

アイスクライミング用、マウンテニアリング(山用)用、雪上歩行用と言うカテゴリーの中で、

雪上歩行用に当たる。

付属ケース

ぺツルの最も一般的な

マウンテニアリング用クランポン、バサックの重量が、ペアで892gに対し、

レオパードFLはペアで384gと言う半分以下、実測値は388gでした。

雪上歩行用であるが、実際どこまで山で使えるのか?アンチスノー有無も含め、

以下の、山で使用

※アンチスノーとは、アイゼン裏に雪の玉が着きにくい別売りプレートである。

別売りアンチスノー

・谷川岳

アンチスノー無し、

コンディション 12月中旬 前日までの積雪も、人気の山の為、既にトレースがある

谷川で初使用、

登りはトレースもあり、アイゼンの重さを全く感じず、足がスムーズに進む。

下りで新雪を歩いた時、アイゼン裏に雪の玉が着き、トレポではたき落しながら下山。

谷川岳、おどろきの軽さ!!

・赤岳

アンチスノー有り、

コンディション: 12月下旬 吹雪にて8合目で撤退。

谷川で雪の玉が気になったので、別売りのアンチスノーを装着、

アンチスノーを着けると、グリップ力が若干低下。

赤岳

・天狗岳

アンチスノー無し

コンディション: 1月下旬 高曇り

積雪後のトレースあり、

唐沢鉱泉からの登りはノーアイゼンで、

東天狗→西天狗→黒百合ヒュッテ間の下りで使用、

滑落したら、そのまま行ってしまう場所があるので、お守り程度に使用。トレースがありアンチスノー無しでも問題なし。

天狗岳

・雷鳥沢-雄山

アンチスノー無し

コンディション: GW残雪期、ピーカン

前日までのドカ雪で50cm弱は積もった、

室堂BTから雷鳥沢キャンプ場までは、

踏み抜き地獄&アイゼン裏は雪の玉地獄

雄山

雷鳥沢キャンプ場から一ノ越山荘 までは、BCのトレースがあり、歩きやすい、

岩と雪のミックス、レオパードは爪が浅いため、爪の深い山用アイゼンに比べ、非常に歩きやすい。

雄山

まとめ

軽さは天下一品、“天使の爪”とでも言いましょうか、、。

アンチスノー無し

・トレースのある場所では、非常に歩きやすい。

・爪が浅いので岩とのミックスでも歩きやすい。

・湿った新雪などは、アイゼン裏が玉になりやすい。

アンチスノー無し

アンチスノー有り

・玉にならなくスムーズに歩ける

・グリップ力の低下

アンチスノー有り

結果

山用アイゼンとチェーンスパイクの間くらいの位置付けだと思います。。

アンチスノー無しだと新雪の場合、玉になりやすく、

アンチスノー有りだと爪が短い分、グリップ力の低下やプレート部分が若干滑る感じがする。

抜群の軽さですが、なかなか良いとこ獲りはできない感じです。

コンディションや各自の経験値によっては、大変良いアイテムだと思います。

レオパード FL | PETZL|SPORT
雪上歩行用超軽量クランポン:フレックスロック バインディング

コメント